販売士検定



◆販売士検定

流通業界で最も必要とされているのは、
多様化・高度化した顧客のニーズを的確に捉え、
豊富な商品知識や顧客に配慮した接客技術を武器として、
ニーズにあった商品を提供するとともに、商品の開発や仕入、
販売、物流などを効率的かつ効果的に行うことができる
「販売のプロ」なのです。

販売士検定試験の合格者には、
「販売士」という称号を付与していますが、
販売士はまさに「販売のプロ」といえます。

激動する流通業界で勝ち抜くための必須の資格・検定であり、
「流通業界で唯一の公的資格」として社会的にも
高い信頼と評価を得ています。

 検定試験は、販売に必要な商品知識や販売技術、
仕入や在庫管理、マーケティングなど、
より高度で専門的な知識を持つ人材の育成を
目指した内容となっています。

レベルは、1級から3級までの3つに分かれており、
どの級からでも受験できます。

公的資格

受験資格:学歴、年齢制限なし

試験内容:1級〜3級。

難易度概要:平成17年度、1級合格率9.2% 
      2級合格率55.5% 3級合格率64%

受験料:1級/7,140円 2級/5,100円 3級/3,570円

試験日:1級/2月 2級/10月 3級/2月、7月。

【問い合わせ先】

 日本商工会議所

 TEL:03-5777-8600


posted by さくらこ at 17:29 | TrackBack(1) | 販売・営業・接客の資格

この記事へのトラックバック

新TOEIC TESTリスニング問題集―New Versio
Excerpt: な様相になっています。 問題を解いて、 答え合わせをして、 スクリプトの内容を黙読で理解して、 (見てわからない文章なんて聞いてわかるはずなし!) 何も見ずにシャドウイングし、 次はスクリプトを見なが..
Weblog: 資格をあげる
Tracked: 2007-09-28 10:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。